Para-sports Sailing Association of Japan (PSAJ)

強化に関する案内

強化合宿について

toto、スポーツ振興基金と助成事業

パラリンピックを目指す方、世界選手権等の国際レースで上位を目指す方の強化合宿です。
強化部会で実施し、障がい者スポーツの国際選手として必要なセーリングスキルUPや注意事項、アンチドーピング、社会規範等の講習、メディカルチエックなども重点項目として行います。
現在、強化合宿は下記により、強化指定選手指定などの他に、強化選手指定を目指す方、強化合宿の体験参加など本会メンバー以外でも参加できます。
強化指定選手以外の強化合宿参加は、どなたでもPSAJへ強化合宿の問い合わせをしていただき「強化合宿参加申込書」をPSAJに提出、定員人数、条件等を検討し参加の可否をご連絡いたします。

強化指定選手

強化指定選手とは

パラリンピック、パラ国際レース等に出場し、上位入賞、メダル獲得ができるよう強化選手に指定し、パラトップアスリートとなるよう、強化合宿、講習等で個々の競技力の向上を図る。
強化選手はレベルに合わせ強化指定選手Aと強化指定選手Bに分けられる。

強化選手要件

  • パラリンピック、パラ国際レース等の出場を目指すもの
  • 相当なレベルを持ち、自主で日常のプライベートの練習ができているもの
  • 指定された強化行事に参加できること
  • 定期的に日頃のトレーニング状況、活動近況を報告可能なもの
  • 社会規範を守れるもの
  • 連絡情報共有等ができるよう本会メンバであること
  • 添付ファイル等受信できるメールアドレスを持つこと

強化指定選手A

  • パラリンピック、パラワールドセーリング選手権、国際レースに参加を目指す者で、上位入賞の可能性のあるもの
  • 上記大会に日本チームとしての自覚を持ち参加する強い意思のあるもの
  • PSAJ指定のメディカルチェックを受ける

強化指定選手B

  • 次世代育成を主眼とし、復活後の2024パラリンピック、パラワールドセーリング世界選手権に参加の意欲があり、将来性の有るもの

その他

  • 強化指定選手Aの指定された強化行事への参加は、交通費宿泊費は本会で負担する場合もある(詳細別途)
  • 強化選手Bの指定された強化行事への参加は、宿泊費は本会で負担する場合もある(詳細別途)

強化指定プロセス

  • 随時、自薦及び他薦で「強化選手指定申し込み書」をPSAJに提出し強化選手指定への受付とする
  • 強化合宿等指定された行事に参加し強化部会が選考推薦後、選手は「強化選手指定合意書」を提出し代表が承認することで強化指定選手となる

強化チームコーチ

強化チームのコーチは、登録パラセーリングコーチの中から強化部会が代表に推薦し承認することで、強化代表コーチに就任します。日本パラリンピック委員会にコーチとして申告します。

登録パラセーリングコーチ

障害者スポーツ公認中級指導者、日体協公認コーチ、PSAJ登録ボランティア指導者の方から、パラセーリングコーチ講習会を受講して試験に合格したPSAJメンバーの方。
登録パラセーリングコーチから、代表の指名で強化合宿練習の強化代表コーチ、海外競技参加チームへの参加、強化部会員となる。

強化スタッフ(ボランティア)

登録パラセーリングボランティア、登録パラセーリング指導者より強化拠点責任者が依頼する。

登録パラセーリングボランティア、登録パラセーリング指導者

  • ボランティア指導者講習会の講習を受講し、「登録申請書」提出とともに情報連絡の会報代年/1,500円を振り込む
  • 登録期間は概ね4年間とする
  • 地域の障害者セーリング行事に参加し、知識を活かし安全、安心に努める

強化拠点

強化拠点とは、強化合宿、強化練習を行い、地域の障害者競技の拠点となる健常者と障害者が差別されることなく活動できる場所。

強化拠点要件

  • 海の障害者設備指針の基準を遵守した施設であること
  • 講習会議室、医務室に使用出来るスペースがあること
  • 拠点の強化運営の責任を持つ強化拠点責任者がいること。「強化拠点責任者同意書」提出。
  • ランティアスタッフのパラセーリングボランティア、パラセーリング指導員がいること
  • 競技ヨット、救助艇等を貸し出だすことができ、選手のヨットを持ち込める借用スペースがあること
  • 反社会勢力と関係がないこと

※ 設備等の不備は共に各方面に共に働きかけ。

強化拠点指定プロセス
PSAJへ「強化拠点申請願い」提出⇒調査「強化拠点調査書」➯適正審査、推薦⇒代表による承認➯強化実施。

強化拠点責任者

  • 強化拠点の役割や条件等の維持管理、運営のサポートを行う
  • 強化拠点における強化行事開催についてコーディネートし、PSAJが唯一業務の依頼を行い実施する
  • 反社会勢力と関係が無いこと
  • 申請時に、障害者情報共有のため本会メンバーであること
就任プロセス
強化拠点申請と同時に「強化拠点責任者就任申請書」提出➯PSAJで検討➯「強化拠点責任者同意書」提出➯代表により承認➯業務の依頼➯強化拠点の強化関係行事の実施

本会メンバーは

会報で障害者情報を共有しています。

  • 【個人】支援会員/ボランティア地域会員/加盟会員(加盟団体より)
  • 【団体】加盟団体/ネットワーク会員/協賛企業会員

PSAJ行事参加の基本は自主的です

PSAJの行事への参加の基本は自主的です。
行事の案内は会報でお知らせし、これにて参加申し出をいただき実施しております。
各行事への参加は、申し込みをいただき、定員、内容、範囲等を検討し参加を依頼いたします。
自己のためではなく障がい者のために、貴方のキャリアを生かし社会貢献の志を持って積極的にご参加ください。

私たちはtoto助成を受けています

日本スポーツ振興センター競技力向上事業

障がい者セーリングを支援しています

PAGETOP
Copyright © 日本障害者セーリング協会(PSAJ) All Rights Reserved.