Para-sports Sailing Association of Japan (PSAJ)

海の障害者マーク

施設の玄関先やポンツーンに「海の障害者マーク」を掲示し、海のバリアフリー施設であることをより多くの人に知ってもらい、障害者、高齢者などが気軽に利用できる海の施設であることをアピールしてください。

海の障害者マーク

「海の障害者マーク」は、国際シンボルマーク(車椅子マーク使用承認済)を取り入れ、世界的マリンイラストレーターのTadami氏がデザインしたもので、障害者が乗船する小型船舶、バリアフリーの小型船舶及びこれらの船が係留できる海上施設などに表示します。日本障害者セーリング協会では「海の障害者マーク」の適切使用の管理運営を行っています。

配布先

  • 障害者用や障害者が乗るのヨット・ボート
  • 障害者が利用できる海洋設備・施設
  • 障害者などより多くの人がが安心して利用できる施設

入手

自己申告してください。条件は、「1.船まで車椅子でいけること」「2.スタッフがバリアフリーに理解のあること」の二つです。
管理、運営責任者名で上記二つの条件を満たしている旨の文書を日本障害者セーリング協会へお送りください。そのときに切手180円を同封してください。ステッカー一枚(無料)をお送りします。

上記以外で入手をご希望の方は、日本障害者セーリング協会事務局までご連絡ください。

ステッカー 147㎜ × 210㎜ 1枚 1,000円
300㎜ × 430㎜ 1枚 1,000円

「海の障害者マーク」表示の船を見たら

心やさしいシーマンシップを発揮して

  • 声をかけての離岸や着岸のもやい取り(これは切実な問題です)
  • ポンツーンの整理整頓(車椅子などの移動をスムーズに)
  • 移動するときに荷物を持ってもらえると助かります
PAGETOP
Copyright © 日本障害者セーリング協会(PSAJ) All Rights Reserved.