Para-sports Sailing Association of Japan (PSAJ)

障害者セーリング行事協業案内

本会では、障がい者のための社会貢献行事を皆様と協力協業しながら実施しています。
下記のように協力協業していただける方々を募集しております。
お問い合わせ・お申し込みは、PSAJ行事委員会までメールでご連絡ください。

パラ家族セーリング教室

障がい者のセーリング入門は、介助者の関係で家族と共に体験などに参加する方が多く、また障がい者を家族に持つ方と共にセーリングを楽しみたいと思われる方もいます。これは障がい者セーリングの特徴です。
これらの方々に本会のノウハウを活かし、家族で楽しめるセーリング教室を開催し、障がい者及びご家族がマリンスポーツに参加機会を増やすことを目的とします。

実施内容

  • 対象は、障がい者と家族、または障がい者がいる家族
  • 月1回、土日で3回、4回目の最終回は模擬レース「フリーダムカップ」を予定
  • 土日は同じカリキュラム(2時間程度の座学とヨット帆走実習)、内容の異なる3回でセーリングを理解できるようにする
  • セーリングパラリンピアンの講演

協業概要

  • ポンツーン等の海上施設を含め会場がバリアフリーであること
  • 毎回2~3艇クルーザーヨットの提供
  • 模擬レース「フリーダムカップ」は一般のヨットレースに障がい者を乗せるクラスの設定でも可能

開催地

関東地区(3回+フリーダムカップの協業、または1回だけの協業でも可能

開催希望日

1回目:平成30年5月14~15日、2回目:6月23~24日、3回目:7月7〜8日
模擬レース(フリーダムカップ、障がい者と共に乗るレース):8月26日
※日程は協業団体の都合に合わせて変更可能

パラキャプテンチャレンジ

本会が取り組んだ欠格条項の改定により障がいを持っていても身体機能検査を受けてボート免許取得への道があります。健常者と同じように船長としてマリンスポーツを楽しんだり、仲間とレースに参加することができます。
エンジン付きヨット、ボートの体験と小型船舶操縦士免許試験に必要な身体機能検査を実施しマリンスポーツへの参加者の増加を目的とします。

実施内容

  • エンジン付きヨット・ボートの体験
  • 免許取得のパラリンピアンの講演
  • 小型船舶操縦士取得のための身体機能検査と受験説明
  • 免許試験艇の体験乗船

協業概要

  • ポンツーン等の海上施設を含め会場がバリアフリーであること
  • 会場に講演と身体機能検査を実施できる部屋があること
  • エンジン付きヨット、ボート4~5艇の提供
  • 免許試験艇の係留スペースがあること

開催地

全国2箇所

開催希望日

平成30年6月2~3日と平成30年8月4~5日
※日程は協業団体の都合に合わせて変更可能

パラセーリングチャレンジ

地域の方々、障がいをお持ちの方々やボランティア、興味のある方々に障害者セーリングについて体験していただき理解を深め広く地域で継続した障害者セーリング支援活動となることを目的とします。

実施内容

  • 障がい者のセーリング体験
  • セーリングパラリンピアンの講演
  • 障がい者に配慮したヨット(フリーダムインディペンデンス)を輸送し体験会に提供も可能
  • 地域の方々の障害者セーリング行事の見学

協業概要

  • ポンツーン等の海上施設を含め会場がバリアフリーであること
  • 体験乗船用ヨット4~6艇程度の用意
  • 会場に講演を実施できる部屋があること
  • ボランティア指導者がいない地区の場合、事前に講習会を開催すること

開催地

全国1~2箇所

開催希望日

平成30年7月28〜29日
※日程は協業団体の都合に合わせて変更可能

ボランティア指導者講習会

地域の障害者セーリングに関わる方々に障害者セーリングをご理解いただき、障がい者を対象とした地域行事を安全かつ安心して活動ができるようにボランティア、スタッフ等を対象とした講習。

実施内容

  • 教材に障害者セーリングガイドブックを使用
  • 障害者スポーツの歴史/パラリンピック規則/障害者関係法規等々の講習/ハラスメント禁止/障害別注意点/障害者差別解消法等の講習
  • 介助実習、障害者体験。ドックサポート実習

協業概要

  • 講習が実施できる部屋の用意
  • ドックサポート実習用ヨット1~2艇
  • 障害者セーリングに関心のあるボランティアの参加が10名以上であること

開催地

全国2~3箇所

開催希望日

開催希望者と相談

私たちはtoto助成を受けています

JAPAN SPORT COUNCIL

障害者セーリングを支援しています

PAGETOP
Copyright © 日本障害者セーリング協会(PSAJ) All Rights Reserved.