2014.10.18~10.24
2014年10月14日
日本チーム羽田出発
2014年10月15日
登録、計測、クラス分け
2014年10月16日
登録、計測、クラス分け
2014年10月17日
登録、計測、クラス分け
2014年10月18日
プラクティスレース、開会式
2014年10月19日
第1、第2、第3レース
2014年10月20日
第4、第5、第6レース
2014年10月21日
第7、第8、第9レース
2014年10月22日
第10レース、第11レース、表彰式
2014年10月23日
艇解装
2014年10月24日
閉会式
2014年10月25日
日本チーム羽田帰国

インチョン2014アジアパラ競技大会セーリング日本チーム参戦記

セーリング種目:10月19日~10月22日 Wangsan Sailing Marina
2人乗りキールボート(山本・北川組)銀メダル獲得しました!!ご支援ありがとうございました! セーリング日本チーム紹介(PDF)

2014年10月14日 いよいよアジアパラへ出発

JL093便 15:35羽田発
出発直前の連休に上陸した台風で無事出発できるか心配されましたが、出発当日12時に選手団が全員集合!
そのうちお見送りの応援団も続々登場し空港内ロビーで大盛り上がり。
この日のためにみんな頑張ってきました!悔いのないレースとなるよう選手団一丸となって頑張ってきます!皆様の熱い応援をお待ちしております!!


2014年10月16日 現地からの第一報

お見送り有難うございました。
選手団は全体に良い雰囲気で仁川初日を迎えることが出来ました。
2日目の夜は、3室ともに大合唱です。大変です。(日本チームの男性陣は3ルームのある3LDKを割り当てられているとのこと。ゴイゴイといびきの大合唱は金メダル級・・)
写真は羽田の搭乗口でのJALのセレモニー風景です。


コンテナ、艇の確認、パーフェクトな荷造りで全てOK

         

レンタル艇への初乗り込み

         

入村式。JADSより3名参加(須藤、谷本、高間)天候は晴天最高でした。

         

巨大な大食堂での朝食風景、24時間営業です、日本人に合っている味付けです。
このまま食べ続けると体の成長が止まらなくなりそうです。

         

マリーナに向かうバスの中です。
朝、8時30分発のバスです。同時に3台出発します。
参加国関係者がバス3台に乗り一緒に出発です。

         

HANZA303計測パスのサインをもらいニコニコの監督です。

         

マリーナでの昼食です。
ランチボックスは前日の10時までにオーダーしないと貰えません。
今日の昼は間に合わなかったので各自持ち寄った食べ物で食事しました。
午後からは2.4mRのウエイトの積み込みです。

         

仁川では来てから晴天に恵まれ、真っ黒に焦げてきています。
マリーナで公式日本代表ジャージを着ての写真です。

         

2014年10月17日 プラクティスレース

本日はプラクティスレースです。7時の朝食を済ませ8時30分のバスに乗り会場へ。
バスは3台(参加国が全員乗れる)用意され同時刻に並んで走り出します。
朝は15℃ぐらいで涼しいです。
写真はマリーナ行の朝のバス停風景。これから頑張ってきます!!


午後のプラクティスに向けて試走するHANZA303、午後のレースが期待できる走りです。

         

下架される2.4mRです。これよりは試合終了まで上架できません。
2.4mRはトラブル解消のために昼抜きで役員が頑張りどうにかスタート4分前に海域へ到着。レースの結果が楽しみです。

         

HANZA303のプラクティスレーススタート。左から2番のグリーンのセール(セール№2470)が日本艇(山本、北川組)です。
14:00に2.4mRのスタート、その5分後にはHANZA303のスタートです。コースはソーセージコースの4レグです。
セッティングのトラブルでぎりぎりスタート4分前にスタートラインに到着した須藤艇、谷本艇。
須藤艇は先頭集団でスタート、谷元艇は45秒遅れでスタート。(同じスタートラインにHANZA303と2.4mRが混在しておりスタート海域は混乱)
須藤艇は2位置をキープしていたが4レグ目でサイドステイが抜けてDNF。谷本艇は2レグ目で2艇に追いつき、3レグでは5位まで順位を上げました。
HANZA303は本部艇から加速しトップ集団でスタート、抜きつ抜かれつの接戦で4位でゴール。
本戦に向けて期待できる走りができました!皆様の応援をよろしくお願いします!

         

山本選手からの報告です。
プラクティスレース結果は、4着でした。
スタートはトップ、上マークまでは2位、そのあとマーク回航などで4位まで順位を落してしまいました。
本番はがんばります!!

         

2014年10月18日 開会式

開会式に出てモチベーションがあがり、メダルを獲りたいと強く思いました。
明日からの本番レースは全力を尽くします!!
写真は開会式前の様子。


行進前に日本チーム韓国ボランティアと仲良く集合写真

         

開会式中のノリノリの岩本監督、高間コーチ、北川選手

         

2014年10月19日 レース速報

レース1日目終了です。
結果は両クラス8艇中、HANZA303は山本・北川組が2位。2.4mRは、谷元選手が4位、須藤選手が5位です。
1レースは風が30°ぐらい頻繁に振れる海域で行われ非常にコース取りに苦労したようです。
今回は3艇とも順調のスタートを切りました。山本・北川艇は11秒差で2位。2.4mRは3位の韓国艇と谷元艇、須藤艇が数秒以内で団子の状態でゴールしました。惜しかったです。
2レースは、スタート後微風になりノーレースになり風待ちになりそのまま終了です。明日も頑張ります!

         

写真は日本のコーチボート80pH の強力艇です。他国のコーチボートと並べて撮ってみました。

         

開会式の聖火ランナーの盲導犬です。可愛い!

         

朝のマリーナに向けてのバスはパトカー先導です。渋滞なく会場へ。

         

この辺でチームメンバーの様子をご紹介。
韓国入りして少し風邪気味だった吉田コーチ。定番のビーサンで足元が冷えたか??と心配されましたが開会式欠場で療養し復活したそうです・・
高間コーチの携帯とデジカメが水没・・体を張ったサポート、本当にお疲れ様です!

         

2014年10月20日 レース速報

レース2日目終了です。
結果は5レース終了で2.4mRは3位須藤選手、8位谷元選手。
HANZA303 2位山本・北川組です。

         

レース2日目詳細です。
写真はHANZA303本日1レース目のスタートです。山本・北川組は好スタートです。
左から2番目の緑が日本艇です。結果は2位。

         

本日3レース目の山本艇のゴールです。
左から韓国、日本、マレーシアと接戦でのゴールです。このレースは3位になりました。

         

日本から応援に来てくれた北川選手の応援団の日の丸と声が海上に響き渡っていました。
高間コーチにも東京のメンバーが応援に来てくれました。皆様ありがとうございます!!!

         

因みに夕食は毎日選手村のダイニング。
6時過ぎの帰村でシャワーを浴びて選手村のダイニングホールへ行くので精一杯です。
選手・コーチともにメダル目指し頑張っています!皆さんの熱い応援をよろしくお願いします!!

         

2014年10月21日 レース速報

本日は小雨で5m/sから7m/s弱の風が吹き体感温度は10度を切っており非常に寒いレース環境になりました。
本日の第一レースのスタート直後のHANZA303です。
左寄りシンガポール、香港、マレーシア、日本(緑)香港、シンガポール、韓国、韓国
このレースのフィニシュではマレーシア(濃い黄色)と日本艇のマッチレースで順位を両国が落としました。
日本チームは航路妨害のプロテストを宣告しました。申請はコーチ陣と相談し取りやめました。

         

本日の2.4mR の第一レース。
左の黒いセル3艇の4艇名が須藤艇です、右端が谷元艇。
スタートラインを10秒遅れでスタートし、昨日の最終3位に続く4位でゴールしました。みんな頑張っております!!!

         

レース後のJPNブースでの遅い昼食、インスタントラーメンも言えば追加してもらえます。
食事を終えて作戦を練る岩本監督、レースを振り返る吉田コーチ。

         

帰りのバスの中で爆睡中の山本選手、須藤選手。
明日のレースを夢の中でシミレーションかも。
明日は、最終日。最後まで全力で頑張ります!

         

2014年10月22日 レース最終日

全レース終了し会場からの速報です!
1人乗り 須藤選手4位、谷元選手 7位。
2人乗りキールボート(山本・北川組) 2位 銀メダル獲得!
皆様のサポートありがとうございました!そして全力で戦い抜いた選手とそれをサポートしたコーチに帰国までエールをお願いします!!

         

レースを戦い抜いた日本チームの雄姿です!!みんないい表情です!!

         

メダルを獲得した山本・北川組。

         

表彰式後は湾の上にあるホテルに行き、大会役員(IFDS関係者、会長、副会長、ジュリー、クラシファーを含む)やボランティア、選手、コーチで大会のねぎらいとアジアのコミュニケ-ションのための打ち上げパーティーが有りました。
会組織の招待で無料でビール、焼酎飲み放題、食べ物も食べ放題!
写真は酔っぱらってる?岩本監督と山本選手。

         

IFDS役員と北川選手。メダルを喜んでもらえたでしょう!

         

ベテラン須藤選手はどこに行っても友人がいっぱいです

         

明日は、自由行動です。
今夜は感激と疲労でグッスリです。

         

2014年10月24日 閉会式

本日は閉会式。閉会式での集合写真です。
長い日程を共に過ごし団結力も高まりました。皆様の応援、本当にありがとうございました。

         

2014年10月25日 帰国

本日日本選手団が無事帰国しました!
サポートチーム半田さんから銀メダル獲得の祝辞。その後円谷美紀子さんよりメダリストに花束贈呈、岩本監督からの応援御礼の挨拶があり解散しました。

         

メダルを胸に帰国!

         

ちょっとお疲れ?気味の選手団。今回最後の集合写真です。

         

メダルと表彰状。表彰状は金色に写っていますが銀箔押しの立派なものです。

         

アジアパラ出場セーリングチームを支え、応援して下さった皆様に心から御礼申し上げます。皆様のお蔭で戦い抜くことができました。
選手の挑戦はこれからも続きます。引き続き皆様のサポートを何卒よろしくお願いします!!