共に、2024パラリンピック復活、メダル獲得を!
障害者セーリング強化拠点を募集。

障害者セーリング強化拠点の役割

  • 共に2024パラリンピックのメダリストを育てる
  • 強化合宿、強化練習、強化講習を行う
    • 所有のボートヨットをPSAJが借用して強化合宿等を行う
    • 国際レース(パラリンピック)等で上位に入る選手を養成及び競技力の判断をする
    • 競技艇(2.4mR od、Weta、Hansa303、SKUD18、SONAR)のいずれかを使用する
  • 地域の障害者競技の拠点となる
  • 障害者用設備が整うように働きかける

障害者セーリング強化拠点の条件

  1. 打ち合わせ開始時に本会会員であること
  2. マリーナ障害者用設備指針の基準をクリアしていること
  3. 障害者セーリングアソシェイト、障害者セーリング指導員、障害者セーリングコーチがいること
  4. 強化競技ヨット、救助艇等を強化合宿等貸し出せること
  5. 選手のヨットを持ち込める借用スペースの有ること
  6. 近隣に障害者対応の宿泊施設があること
  7. 強化合宿、強化練習では本会の規定、指示に従うこと
  8. 反社会勢力と関係がないこと

条件項目は強化実施日までに整えば可とします(順次、条件を満たして行った実績が有ります)応募をお待ちしています。

強化拠点申し込み、お問い合わせ

拠点申し込み⇒調査審査⇒打ち合わせ⇒拠点指定⇒強化合宿等開始

強化拠点申し込み、お問い合わせは、メールにてお名前、住所、担当者氏名、担当者連絡先を明記してPSAJ事務局までご連絡ください。