開催日
平成30年2月27日(火)
開催場所
東京ボランティア・市民活動センター

長年に渡る本会の障害者対応のノウハウをマリン事業者の皆様にお伝えするものです。特に直接障害者と接する方々に障害について知り、障害者についての対応を事業運営に生かす講習会です。
マリン事業に携わる事業者層は薄く、障害者への社会的動向に対応する事業者が少ないのが現状です。障害者は身体、知的、精神全国で858万人ですのでこの方々の対応が求められます。講習にご参加いただいた方々は社会的動向に対応している事業者です。
障害者は全国で858万人です。事業者はこれら障害者に差別的取り扱いをしてはいけないこととなっており、努力義務ではありますが設備、運営の面で合理的配慮が求められます。また事業者はそれらに関連する法規などご理解いただくことが重要です。
講習では事業者の社会的責任や努力義務となっている障害者差別解消法の合理的配慮についての講習、当事者からの基準である海の障害者用設備指針の解説、車椅子の体験や視覚障害を経験し障害者の大変さを実感ていただき、設備の不備を介助でカバーしたり案内等の運営での対応をお話いたしました。
参加はスバル興業株式会社、夢の島マリーナ、浦安マリーナ、一般財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会。
次回開催も企画中です。

マリン関係者障害者対応講習会の写真1マリン関係者障害者対応講習会の写真2