パラ(障がい者)セーリング支援プロジェクト「マリン関係者障害者対応講習会」報告

港福連携アクションキャンペーンとして行政、事業などの理解が進むよう基礎的な講習とし、「海の障害者設備指針」を取り入れ障害を理由とする差別解消の推進に関する対応研修として実施した。
2月28日にはバリアフリー新法のを満たす障害者施設「ウエルピアかつしか」、3月8日には海の障害者設備指針の基準を満たす蒲郡マンボウ桟橋とパラセーリングベースキャンプで開催され、障がい者体験を通じて政策、事業に障がい者対応の重要性について理解を深めていただいた。
資料として「海の障害者設備指針」を配布し、マリン関係者障がい者対応講習会資料2019に沿って講習が行われた。
次回は6月26日(水)に東京ボランティア市民活動センター(飯田橋)で開催予定です。

マリン関係者障害者対応講習会報告[PDF]を見る