Para-sports Sailing Association of Japan (PSAJ)
  • London 2012

お知らせ

登録指導者の講習が変わります

従来、ボランティア指導者講習会として実施しましたが、平成31年からボランティアと指導者を分けて実施します。 障がい者セーリングの安全安心をより向上させるためにより障害者対応の専門性を向上させます。 人材の育成は福祉の向上 …

IBSAよりクラス分け等の通知

視覚障がいに係るクラス分けの手続きと規則について、IBSA(国際視覚障害者スポーツ連盟)は2019年1月より大会におけるクラス分け手続きを極めて厳格に実施することとする。例外は認められない。との通知がきました。 現在、翻 …

ヨットボート係留泊地(マリーナ、漁港、中小の港、その他係留地)調査開始

障害者セーリング研究会にて、「海の障害者設備基準」に基づく調査を開始します。 ボランティアにより、自分の泊地、立ち寄り先の泊地の「海の障害者設備指針」との合致等を調査します。 詳細は会報にてご連絡。ご協力よろしくお願い申 …

【訃報】田邉英蔵さん 謹んでご冥福をお祈りいたします

本会設立以来、多大なご協力をいただいた田邉英蔵さんが1月22日お亡くなりになりました。享年91歳。日本のヨット文化をリードし、著書「キャビン夜話」はバイブルでした。 謹んでご冥福をお祈りいたします。

【参加募集】マリン関係者障がい者対応講習会

マリン関係者対象に障がい者への理解を深めてもらう講習会を開催 「海の障害者設備指針」完成にあわせ障がい者セーリング通じて障がい者への理解を深めてもらい海でのインクルーシブな社会へ貢献する。案内PDFダウンロード申込書PD …

マリン関係者障がい者対応講習会案内

障害者セーリング支援募金

海外遠征、研究開発、強化合宿、普及行事、講習会、ヨット購入等々障害者セーリング活動へ募金をお願いたします。
お振込み先:三菱東京UFJ銀行 金町支店 普通 0291814 募金口:特定非営利活動法人日本障害者セーリング協会

会員になる・協賛する 支援会員(個人)募集中

海の障害者マーク

施設の玄関先やポンツーンに「海の障害者マーク」を掲示し、海のバリアフリー施設であることをより多くの人に知ってもらい、障害者、高齢者などが気軽に利用できる海の施設であることをアピールしてください。

障害者セーリング行事運営ガイド

障害者を対象とするセーリング行事が障害者スポーツとして合理的配慮を含む安全・安心なインクルーシブな行事になるよう本ガイドを活用いたいだくよう望んでいます

公認パラ(障がい者)セーリング講師登録

パラ(障がい者)セーリングの実務経験豊富で障がい者関連の勉強会でアドボカシー、運営、社会規範、人権、実務、ボランティアに高い知識と経験を持つ方を厳選して登録いたしました。
セーリングコーチの領域を越えて幅広く障がい者の安全・安心を守るための関連の公式なパラ(障がい者)セーリング等の執筆、障がい者セーリング関連の各講師を行います。
障害者セーリング講師派遣、原稿執筆などの各依頼は事務局が専門性を判断し公認講師に依頼します。公認「障害者セーリング」講師は、協業行事に数多く参加し本会の長いノウハウを知り、勉強会等に参加し登録となります。
現在の登録公認講師は、水津岳太郎、石津基行、金子哲三、渡邉雅子、大塚勝、志田裕之、山本真也で、公式な「障害者セーリング」の執筆等行っています。

PAGETOP